副業情報カタログ

サイトの概要

 副業情報カタログは、副業に関する情報を提供しているウェブサイトやブログをカタログ形式でリスト化しています。

目的と副業の現状

 副業情報カタログは、副業をテーマに様々なサイトを集約させデータベース的なリストを作ることを目的としています。

不況や将来への不安などを理由として、多数の人たちが副業を行っています。副業とは、いわゆる本業(収入の柱)以外の仕事を指すことが一般的で、その中身は多種多様です。たとえば、スキマ時間や週末にバイトなどを行って収入を得ることは、副業の1つでしょう。また、ネット広告、アフィリエイトも代表的な副業として知られています。アフィリエイトのように資格が必要ないものもありますが、一般的には「資格」を持っていると、条件がより良い副業を行えることも事実でしょう。

このように、副業には様々なタイプがあることが特徴で、その就労形態によって、バイト(短期・長期)、派遣社員(有期)、内職(自宅で行う軽作業)などに分類されています。

日本国内の副業に対する法人・行政の方針は、公務員などのように、副業を禁止しているところも多いです。憲法違反を指摘する声もあるようですが、状況はあまり変わっていないようです。

しかし、わが国の経済・国家財政は大変厳しい現状です。したがって、管理人の個人的意見ではありますが、可能であれば、積極的に副業を行うことが必要なのではないでしょうか。

副業の選び方を考える 副業が人気なことは明らかですが、次に起こりうる問題は「何をして稼ぐか」だと思います。実際に、これでかなり迷ってしまいますよね。えり好みもありますし、自分の条件にあう副業を選ぶ必要があるからです。

とりあえずやってみる!というスピード感も大事です。でも、急がば回れになってしまうことも多々あります。仕事などであれば、初期には質より量を求めてガリガリ作業をして、そのうち洗練されていくはずです。

副業においても、この「量を追求」することも大事なのかもしれません。 現実的な解決策としては、だいたいの方向性を決めて、情報を収集して、実践してみる。多様な視点から考えて選んでみることでしょうね。このステップでの「情報を収集」する場面で、当サイトが何らかの点で役に立てればいいなーと考えています。

副業情報カタログを端的に言うと?

Vol.1
 このサイト(副業情報カタログ)の特徴は、副業に関する情報サイトを収集し、カテゴリーごとに分類してカタログ化していることです。自分の興味にあった副業を見つけ、その詳細を知ることができるサイトを収録しています。

Vol.2
 経済と財政の厳しさを背景として副業が人気です。当サイトは、副業を行いたい人と副業情報を知らせたい人をつなぐサイト集です。ガテン系からサービス業まで、現状を反映したカテゴリーがあります。

新着の副業情報:1サイト

関連サイトリスト

サイトURL
運営情報

0件が登録済

メニュー
登録など
運営管理者:副業ネタの旅人